初めてでも安心の病院選び

地元密着型の個人院が今注目されつつある

患者と医師

産婦人科にはいくつかの種類があり、その中に個人が経営する個人院があります。個人院は大型の総合病院とは異なり、ベッド数と個室の数が少ないことで予約が取りにくいことで知られているでしょう。しかし、担当医と利用者との距離が近いことから、初めての出産の場として個人院を選ぶ女性が増えてきています。最大のメリットとしては、検診時の担当医が出産、その後の検診まで一貫して担う安心感にあるでしょう。地元密着型の個人医院だと、普段の検診や妊娠や出産時以外でも相談しやすいというのも大きな魅力となっています。

合併症が起きても安心の大型総合病院

産婦人科は個人院以外に総合病院内にもあります。妊娠中には合併症が起きる可能性は0ではなく、必ず全員が全員安全に出産まで至るとは限りません。もともと高血圧や糖尿病を患っていて、体に疾患があるなど、不安がある人にとっては総合病院での通院が適しているでしょう。特に、年齢を重ねている女性の出産を高齢出産と呼び、子宮筋腫合併症を負うリスクが高まるので、医師に相談することが大事です。もしものことが起こっても、すぐに対応できる総合病院は魅力が多くあります。

精神と経済のゆとりがあるのが高齢出産

総合病院に通う妊婦の一例としては、高齢出産をする人が挙げられます。一般的に高齢出産と呼ばれる年齢は30.5歳からです。その年齢を迎える頃に妊娠を希望するなら、高齢出産とは何たるかを調べておきましょう。若年層と比較してこの頃になると気持ちや懐に余裕があるので、初めての出産であっても大きなストレスなく迎えられます。産後の育児に関しても、体力が落ちているにしてもシッターを利用するなどの手段も取りやすいものです。

驚きのお肌ツルツル美容効果がある

妊娠・出産時には女性ホルモンのバランスが大きく変わるので、体調不良に陥りやすいと見られがちですが、女性ホルモンが大量に分泌されることで美肌効果がもたらされるのです。年齢を重ねるごとに体内の保湿成分が失われていくので、思わぬアンチエイジングになりますね。しかし、その効果だけを求めて高齢出産を考えてはいけませんよ。美肌効果は偶然の産物くらいに期待しておきましょう。出産の際には不安なことも沢山あるでしょうが、医師や看護師になんでも相談する体制を作っておくことが大事です。

出産に必要になってくる知識

費用もチェックしておく

出産は病気ではないため、健康保険を利用することができません。そうでなくても多くの費用がかかる妊娠や出産であるため、費用のことは事前に把握しておいた方が良いでしょう。出産までにどういった過程があるのかも知ることで、どれだけの出費になるのかが計算できます。安心して出産するために、医療保険に加入しておくという準備もできるので、調べておきましょう。

READ MORE

やっぱり落ち着くのは個室での入院

産婦人科には、共同部屋と個室があります。あなたならどちらを選びますか。リラックスすることを考えるとやっぱり個室ですよね。大阪にも、贅沢なLDRルームを完備している病院が増えてきました。そのため、産前産後のケアも手厚く受けることができるのです。他にも個室の魅力といえば、他の利用者に気を使う必要がないことです。予約の仕方も覚えておき、快適な出産を迎えましょう。

READ MORE

医師とスタッフに頼ろう

新しい家族ができる出産というイベントですが、夫婦だけではなにかと不安になることが多いでしょう。こんなとき、頼りになる医師や看護師がいると心強いです。なんでも話すことができる信頼関係を築くためには、すぐに産婦人科を決めてしまわず、慎重に選ぶ事が大事です。

体験者が語る出産で頼るべき病院の存在

慎重に産婦人科を選んでよかった。最高の出産経験でした。

私が出産を経験したのが今回初めてでした。しかし、検診のときから不安をかき消してくれる担当の先生と、看護師さんの存在はとても大きかったです。一番怖かったのは出産時の痛みでしたが、正しい呼吸法を出産前から指導してくれていたので、大きな痛みを感じる間もなく赤ちゃんに出会えたときには涙がこぼれましたよ。生まれてきてくれてありがとうと言える余裕があったのが嬉しかったです。本当にあの節はありがとうございました。

誰もが不安を感じた高齢出産も先生が支えてくれた。

どれほど「高齢出産が危ないか」と言われ続けたことか。そのせいで、わたし自身安心して出産をしたいのに周りから言われすぎて不安を感じていたんです。でもそんなとき、近所の産婦人科から総合病院の紹介状を頂きました。もしもの合併症に備えて、大きい病院で母子ともに安全を確保しようと言ってくれたのです。私の気持ちを汲み取り、自身の医院ではなく、安全を優先して頂いたかかりつけのお医者さんには感謝してもしきれません。

疑問があればすぐに解決しよう

もし大阪で出産することを考えるなら、補助金関連のことは調べておくと得です。なにかと入用な出産なので、費用が抑えられるならそういった制度を利用しましょう。不安なことも、医師に相談することで解決することができるのです。安心して出産することができるように、疑問点はすぐに解決しておくことが大事です。

質問して出産で得しよう

大阪での出産でも補助金は受け取れますか。

日本では出産育児一時金として、出産をする家庭に補助金を送っています。その条件として健康保険に加入していることが第一条件になります。その金額は42万円以上と定めてられているので、出産する際の負担を大きく軽減できるので安心できますね。この出産育児一時金といは出産の回数ではなく、生まれた赤ちゃんの人数によって計上されるので、双子の赤ちゃんが生まれたときには倍の補助金がしっかり手元に入ってきますよ。

出産予定日を過ぎるのが不安です。

出産予定日が過ぎると誰もが不安になりますよね。でもそれが必ずしも悪いこととは限りません。妊娠42週を超えると過期妊娠という状態になりますが、医師の対応により数週間に一度だった定期検診のペースが早まることもあります。最初の内には誘発剤を用いることになりますが、あまりにも赤ちゃんの出産兆候がみられないときは帝王切開を選択することになります。母子ともに安全の方法がとられるので頼りにしましょう。